SPONSORED LINK
ラクガキノートはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

秘密基地に対する憧れ、かっこよさの背後ある深み


SPONSORED LINK

男子であればかなり割合で共感いただけると思うのだが、私は秘密基地に憧れて育った。
近所の空き地にトタン板を立てては撤去され、雑木林の木の上で昼寝をしようとして落ちそうになり、だけど諦めきれなかった。

今だって秘密基地に憧れる。

さすがにいい年して「秘密基地」だなんて言っていると、ちょっと残念な人だと思われかねないのでそんな時は「仕事場」とか「書斎」みたいに言ってみたりするんだけどとにかく。

ただの基地ではなく秘密の。
私だけの場所、私だけの愉しみ、私だけの苦労。
そんなものをひっそりと隠しておける場所がいい。

水鳥の足かきのように、パーティーの後片付けのように。
かっこよさの背後には人に見せない深みがあるのだから。

近所に秘密基地を見つけた。
いや、秘密じゃないのかもしれない。

でも、秘密であって欲しかったかな。

私は秘密基地が欲しい。


このエントリーをはてなブックマークに追加    
     
SPONSORED LINK

関連記事はこちら





タムカイと申します。
ワシヅカミの人タムカイの切り抜きジャック人生の楽しみ方をデザインする」をテーマにガジェット、デザイン、子育て、美味しいものなどについて書いているブログです。
詳しいプロフィールを見る