SPONSORED LINK
ラクガキノートはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中には3人、自分とそっくりの人がいると言いますが


SPONSORED LINK

shinzo

世の中には3人、自分とそっくりの人がいると言いますが、実は私にもそんな経験があります。

あれは高校に入学してすぐ、私とは違う学区から来た友人がやたらに私の方を見てくるのです。
「どうしたのか?」と尋ねてみると、私が彼の中学の同級生にそっくりだということ。

友人が何度も何度もそういうので、思い切って遊びに行った際に卒業アルバムを見せてもらうと…

「な、なるほど、これは似ている…」

と自分でも驚いたことを覚えています。

結局その似ている彼は高校も違ったので、一度も会わないままこの年になってしまいました。
もう15年以上前の話なので、お互い別の顔になっているのかもしれません。



さて、時は流れてつい先日。

とある大型ショッピング施設に実家の両親と私の家族で買い物に行った時の話。
両親に子供を任せ、家人と別行動をしていたところ、前方に母親と姉妹という一組の親子が。

パッと見た瞬間思わず家人と目を見合わせました。
なんとその姉妹の上の子がビックリするくらい、自分の上の子にそっくりだったのです。

実の両親が驚くくらいですので、相当なものでした。

思わず両親を呼び寄せ、遠目に確認させると私の父に至っては笑ってしまうほど。

その後も店内で何度か見かけ、どうしても気になり
「もうこれを逃すと一生チャンスはない…」と
上の子を連れて声をかけてしまいました。

すみません、お母さんとても驚いてらっしゃいました。

並ばせて、よく見るとやっぱり違うのですが、かなりのそっくり度。
こんなこともあるんだなと、お礼と突然声を書けたことをお詫びし別れたのでした。



その子にもう一度会う可能性は限りなくゼロに近いのですが、日本のどこかに、自分の子供によく似た子供がいるということに気づいてしまってから、ふとした瞬間に、とても不思議な気持ちになるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加    
     
SPONSORED LINK

関連記事はこちら





タムカイと申します。
ワシヅカミの人タムカイの切り抜きジャック人生の楽しみ方をデザインする」をテーマにガジェット、デザイン、子育て、美味しいものなどについて書いているブログです。
詳しいプロフィールを見る