SPONSORED LINK
ラクガキノートはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

経堂「パクチーハウス東京」:あれも!これも!それもパクチー!パクチー好きにはたまらないという噂のお店に行ってきた!


DSC03875

小田急線経堂の駅近くに、パクチー好きにはたまらないお店があると知人から聞いたりネットで見てずっと気になっていた「パクチーハウス東京」というお店。

この度ようやく訪れることができたので、レポートをお送りします!

というか!パクチーのインパクトがすごすぎてすごかった!(笑)
もし、あなたが「パクチー好き」というなら是非行ってみるべきですよ!

SPONSORED LINK

エレベーターを降りると迎えてくれたのがこのタペストリー。
IMG 4470

いきなりの「No Paxi, NO Life」です。
これは期待ができる(笑)

まずはビールで乾杯!
ここからめくるめくパクチー体験が始まりました(笑)
DSC03867

まずはパクチーのおひたし
DSC03868

生春巻きもいつもよりどっさり、そしてはみ出すパクチーが!
DSC03869

パクチーのキムチパクキムに
DSC03870

青パパイヤとパクチーのサラダ!
DSC03871

あら、こんなところにRICOH THETAが(笑)
DSC03873


全天球画像を見る
全天球画像を見る

さて気をとりなおして

炒めた羊肉とパクチーの組み合わせがめちゃくちゃ美味しいヤンパク!
DSC03875

こちらは不思議な食感のパク塩砂肝
DSC03878

パクチーが足りない!というときは「ついパク!」と頼むと追加のパクチーがやってきます!すごい!
DSC03889

どう見ても植木鉢のディップ
DSC03880

パクチーの天ぷら、パク天!
DSC03890

デカいデカいw
DSC03895

ここで頼んだのが「パクチーもヒートアップ!」
DSC03900

半分くらいパクチーなんじゃないかというグラス(笑)
DSC03901

そろそろ締めに行こうということで
タイ風酸っパクスープ
DSC03908

ただのご飯と思いきや…
DSC03911

中に炒めた羊肉が入っている「チェロケバブ」という料理です。
DSC03917

ラストには「パク塩アイス 甘パクソース」とパクチーのシャーベットで締めました!
いやあ、すごい食べたw
DSC03920



もうインパクトがすごかったので思わず写真を貼りまくってしまいました(笑)

と、ここまで食べてかなりお腹いっぱいに。
かなり頼みまくって一人5000円ほど、この満足感なら納得です(笑)

普段はちょっとあるだけで十分存在感を発揮するパクチーがここまで大量に出てくると、自分の中でなにかの価値感がおかしくなってきます(笑)
匂いも、生のシャキシャキしたあの歯ごたえも、無いほうが不自然と感じるほどに。

そうか、これが「No Paxi, NO Life」!!

ちなみにこんなお店に行くのに、同行した知人は「パクチーはじめて」とか言っていてだいぶ冒険したなと感じていますw。
(美味しいって言ってくれて良かった。)

いやあ、大満足でした!



お店がビルの二階でちょっと見落としがちなので、きっちり地図を見て行くことをオススメします。(私も通り過ぎてしまったので><)



オーナーさんがこんな本を出されているそう!

全天球画像はこちらで撮影しています。

パクチーハウス東京

関連ランキング:創作料理 | 経堂駅宮の坂駅山下駅


このエントリーをはてなブックマークに追加    
     
SPONSORED LINK

関連記事はこちら