SPONSORED LINK
ラクガキノートはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の中の「こども」と仲良くしてみる


SPONSORED LINK

cloud

ほとんどの大人は雲を見て、「雲だ」と言います。

一方で、こどもは「犬だ!」なんて言ったりします。

もちろん、「犬に見える雲だ」という意味ですが。



何が言いたいかと言うと
大人になると、色んなことが分かってしまっていて
正解にたどり着いたら、そこでストップしがちだということ

「雲が雲であること」に比べると
「雲が何に見えるか」というのは、無駄なことかもしれません

ただ、私はそんな一見無駄とも思える空想こそが、想像力の源だと信じているのです。



大人になって「新しいアイデアを出せ」なんて言われたりしますが
突然考え出しても、大体いいアイデアは浮かびません

レースのように、普段の積み重ねがあるから、本番でいい結果が出せるわけです。



誰もが子供の頃に持っていた
「なぜ?」という疑問
「なににみえるだろう」という空想
「こうなったらどうなるだろう?」という想像

たまには空でも見上げて、自分の中の「こども」と仲良くしてあげてください

このエントリーをはてなブックマークに追加    
     
SPONSORED LINK

関連記事はこちら





タムカイと申します。
ワシヅカミの人タムカイの切り抜きジャック人生の楽しみ方をデザインする」をテーマにガジェット、デザイン、子育て、美味しいものなどについて書いているブログです。
詳しいプロフィールを見る