SPONSORED LINK
ラクガキノートはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

人が占いや心理テストを好きな理由は、自分をかたちづくる「内圧」と「外圧」のせいじゃないかな?


SPONSORED LINK

myself

以前から考えていたことなのですが、「自分」って存在は「自分が自分である」という内側からの圧力と、「あなたってこういう人だよね」という外側の圧力のちょうど釣り合ったところにいるのかな、と思うのです。

そんなバランスが崩れた状態、例えば外側からの圧力が強すぎるとまさに「プレッシャーに潰された」状態になってしまったり、内側からの圧力が強すぎて「いき過ぎた自己愛」みたいな状態になってしまうわけで。



そんなわけで内圧としての「自己表現」が大切にされる一方で、占いや心理テストといったものが外圧として好まれているのかなと感じるのです。

というか私自身が意外と占いとか人に「こういう人だよね」と言われるのが結構好きで。
「ああ、自分ではこう思っているのに、まわりから見ると違うのかな」と思うこともあったり。
まあ、単純に褒めらると伸びるタイプだったりするっていうこともありますが(笑)。



と、あらためてこんなことを感じたのは、週末に開催される2014ブロガーズフェスティバルの登壇者としてこんな記事を書いていただいたからでした。

『タムカイズム』ラクガキを通じて人生の楽しみ方をデザインする。#ブロフェス2014非公式ガイド #ブロフェス2014 | CLOCK LIFE*
http://clockworkapple.me/?p=14371

あと、去年もそうだったのですが、LTや講演の感想を聞かせてもらったり、ブログなどに書いてもらえるのって本当にうれしいんですよね。



さて、上の記事は私の個人的な体験ですが、この「外圧」は上手く使うととても効果的です。

例えば上記のようにセミナーの感想を書いてみたり、本の感想を書いてみたり、そういう自分に興味をもってくれた人のことって分かりますし、つい興味を持ってしまうんですよね。

何もこれは文章だけではなくて、人によっては絵だったり、音楽だったり、あなた自身の「表現」を使うとさらに効果的だったりします。
もちろん、やりすぎてバランスを崩してはだめですよ。

まあ、それをテクニックととるかはさておき、こんな風に「表現」でつながる世界って素敵だなって、私は思っているのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加    
     
SPONSORED LINK

関連記事はこちら





タムカイと申します。
ワシヅカミの人タムカイの切り抜きジャック人生の楽しみ方をデザインする」をテーマにガジェット、デザイン、子育て、美味しいものなどについて書いているブログです。
詳しいプロフィールを見る