SPONSORED LINK
ラクガキノートはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

子供の頃あまり好きではなかった絵日記、今ならそのたのしさを伝えられる気がする


SPONSORED LINK

絵日記

子供の頃、夏休みの宿題で何が好きではなかったかというと「絵日記」でした。

意外と思われる方もいるかもしれませんが、絵日記って宿題の中でも一番扱いが雑だったというか、なぜやるのか分からない上に、先生も絵日記帳を渡して「ほら、書いとけ」みたいな感じで。

こっちとしては、そんな毎日がイベントでもないし、むしろイベントの日は疲れ切ってて絵を描く前に寝ちゃうし、ぐるっと回ってやっぱりなぜ書かなきゃいけないか分からないし…。



時は流れてここ最近のお話

最近、ラクガキに文章を付けたものをこうやってブログに上げていると、読んでくださった方から「すごく伝わる!」なんて感想をいただくのです。

内容はいつもSNSとかにアップするくらい、つぶやきよりちょっと長いくらいの文章なのですが、ちょっと絵があるだけで全然違うって言っていただけて。



例えば上の絵、ただ「たのしかった」と書いてあるのと、人のセリフみたいに「たのしかった」と書いて/描いてあるのと、どっちが伝わるかというと、私は後者だろうなと思うのです。

その上、後者の方が見た人に「何が楽しかったんだろう?」と思わせる効果も。

例えば、ここに一言「動物園に行って」がついているだけで、読んだ人が勝手に想像してくれるのです。「なるほど、こんな感じだったのかな」という具合に。

絵日記なんてほんとはそのくらいでもいいと思うんですよ。



思いを伝える、共感してもらう、そこから話が始まる、そのために「絵」ってとても効果的な手段の一つだと思うのです。

絵日記のたのしさって、本当はそのあたりにあると思うんですよね。



OGP
ハッピーラクガキライフ|人生をたのしくするラクガキ力講座
このエントリーをはてなブックマークに追加    
     
SPONSORED LINK

関連記事はこちら





タムカイと申します。
ワシヅカミの人タムカイの切り抜きジャック人生の楽しみ方をデザインする」をテーマにガジェット、デザイン、子育て、美味しいものなどについて書いているブログです。
詳しいプロフィールを見る