SPONSORED LINK
ラクガキノートはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

近頃の「ブログ飯」って言葉に感じる個人的な違和感と、狩猟やスポーツに使われる棍棒の一種、あるいは飛去来器


SPONSORED LINK

benke

これ系ブログに書くとたまに色々飛んできて弁慶状態になるんだよなー、と思いつつ…

先日予定があって参加できなかったオンライントーク番組の「ブロネク!「Blogger Next Door」」そのテーマが「ブログとお金」でした。

次回予告で自分でネタふりしながらいないとはどういうことだ!」というツッコミを側頭部にしこたまくらいつつ、放送終了後に見返して私が感じたのは「価値を提供して、その対価としてお金をいただく」という覚悟みたいなものが、もう少し触れられていてもよかったかなという物足りなさでした。

出演者の大ちゃん(delaymania)が言う「ブログ飯ってブログだけの収益じゃないよね」はちょっと近いんだけど、もう一歩踏み込めるはず、と。

自分でも使っておいてどういうことだ!」という左ジャブを右頬にくらいながらあえて述べると、アドセンスもAmazonアソシエイトを含むアフィリエイトも、ある意味でその部分に無自覚と言うか無責任に使ってる人が多いと感じるんですよね。
それが私の感じる「昨今、著者の口以外から聞かれるブログ飯」への違和感かも。



・デザインでお金をもらう価値と覚悟のある人が、そのことをブログに書いて人が来てお金になる
・自分の体験や思いつきをおもしろく表現できる人のコンテンツに人が集まってお金になる
・商品やサービスについてしっかり調べて比較し、読者を納得されられた人がお金になる

こういうのは価値を提供してその報酬としてお金をいただいてるパターン。

一方でGoogleアドセンスを使ってみるとすぐに分かるのが、すごく雑にいうととにかくPVが増えれば金になるっていうこと。
じゃあ「お金のためにPVを集めよう」がスタートになると、過激なことを言ったり、ウソをついたり煽ったり、挙句の果てには人の人気コンテンツをそのまま使ったり、なりふり構わなくなりがち…みたいな。

こう思うようになったのは、自分がお金をいただいてイベント(ラクガキ講座「ハッピーラクガキライフ」)を開催するようになったからかもしれないな、とも。

なので次ブロネクで触れる時は「儲かるよー、いろんな方法あるよー」っていうことから一歩踏み込んで、その人なりの価値の話がしたいな、と思いましたです、はい。



あとこれもちょうど盛り上がっていた、ブログで日記書いてお小遣いもらうのはどうなの?ってお話。これもそれでもいい良いと思うんですよ、芸能人ブログとかそうですし。

ただある一定以上を目指すのであれば、日記といいながら努力は必要かもしれませんね。
日記で人が集まるのって、日記の外側で非凡な人生を送っているとか、ただの日常を面白くするっていうスキルがあって、それを価値として人が集まりお金になっているわけで。

今の時代はアドセンスを貼ってそれなりにブログを書いているとある程度のお金が入ってきてしまいます。これは素晴らしいことだと思うのですが、そのせいで勘違いしてしまう人も多いのかなって。

あと、今はうまくいっていても、今後どうなるんだろうっていう個人的にも先の見えなさがあって。



ブログが素敵だなって思うのは、その人の価値が結局ブログににじみ出てくるからかなって思うんですよね。あぶり出し装置というか濾紙というかそんな役割がある気がして。

なので、なんとなくだけどお金ありきなのか楽しさありきなのかって読んでて感じますし、個人的には「絶対ブログ飯なんです!」って力んじゃっでるよりも、楽しみながら「何か見つかれば儲けもの!」くらいのスタンスで楽しんでるブログが好きなんですよね。

あくまで個人的な感想ですけどね。



ここで書籍「ブログ飯(内容はとても真摯で、単純にブログで飯を食おうって本ではないことは読めばすぐ分かります)」のAmazonアフィリエイトリンクを貼るのが最近のド定番って感じがするのですが、マンネリ化してきたのでタイトルにもある「狩猟やスポーツに使われる棍棒の一種、あるいは飛去来器」へのリンクを貼って記事の締めとしたいと思います。

是非、お役立てください。


このエントリーをはてなブックマークに追加    
     
SPONSORED LINK

関連記事はこちら





タムカイと申します。
ワシヅカミの人タムカイの切り抜きジャック人生の楽しみ方をデザインする」をテーマにガジェット、デザイン、子育て、美味しいものなどについて書いているブログです。
詳しいプロフィールを見る