SPONSORED LINK
ラクガキノートはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイソーで100円のiPhoneやiPadを充電できるMicroUSB変換アダプタがちゃんと使えた!ケーブルもあったからちょっと買いだめしてくる!


つねひごろ家人から

あなた、電波と電気がないと干からびて死んじゃうんじゃないの?(微笑)

なんて言われる日々を過ごしております…



という書き出しを思いついたので書いてみたのですが、きっと後で「そんなこと言ってない!」と怒られるのでそれは取り消すにしても、電波と電気が必須の日々を過ごしている方は多いのではないでしょうか?

そんな生活の中でも特にiPhoneを使っていてやはり気になるのが電池切れ。
iPhone6に変えてから電池持ちが少し良くなった印象はあるものの、やはり多用すると出先で電池が無くなってしまうこともあるわけです。

SPONSORED LINK

そんなこと無いようにとモバイルバッテリーを携帯しているのですが、このiPhoneというのが曲者、充電のためにはlightningケーブルという特殊なケーブルが必要で、これが安いモノでも1000円程度してしまうんですよね。

個人的には持ち歩くよりいる場所に一本という運用をするのが理想なのですが、そう何本も買うわけにはいかず…。
MicroUSBのケーブルなら100円で買えるのに!と思ったことは一度や二度ではありません。

などと思いつつ、いつもお世話になりっぱなしの100円ショップダイソーへ行ったところ「iPhone5対応 充電専用MicroUSB変換アダプタ」なるものを見つけ「iPhone6でも使えるかな…」と試しに購入してみたところちゃんと使えたのです!

ええ、もうこれが結論なので近くにダイソーがあるiPhoneユーザーは買ったほうがいいよ!っていうのとちょっと私も買いだめしておこう!と思いつつ一応どんなのかご紹介してみます。


お店にはケーブル型とMicroUSB変換アダプタの2種類がありましたが、今回は変換アダプタを購入。
特徴は普通のlightningが両面使えるのに対し片面であることと、データの転送ができないということです。


表面に「UPSIDE」の文字が印刷されており、裏面に端子の金属部分があります。
端子がちょっと歯抜けになっているのが充電専用ってことなのでしょう。


よく見るMicroUSBのコネクタです。


というわけでiPhone6に接続!

チラリと見えているのはこちらのストラップですね。


充電できた!


続いてiPad miniにも…


こっちも充電できました!



というわけで無事充電できるようなので2、3本買いだめしに行ってこようと思います(笑)。
(まれにAppleの仕様変更でサードパーティー製のケーブルが使えなくなるのでそれだけはご注意を)

正直、いつもデータ転送する必要はなくて充電だけでいいというシーンも多いですからね。

いやー、ほんとすごいなダイソー。
(って言ってたら同じく100均の「シルク」にもあるという情報が!)



私はこのあたりのモバイルバッテリーやUSBアダプタと一緒につかっております。

こちらの記事もオススメです!