SPONSORED LINK
ラクガキノートはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近バトンづいているのか、今度は創作バトンってのが回ってきましたので回答してみました


SPONSORED LINK


さて、先日こんなバトンが回ってきたと思ったら
「Blog @narumi」の中の人にぶつける20の質問【ブロガーのWA!】NO.4-みんな!ブロガーだよ!*

私の回答はこちら
「タムカイズム」の中の人にぶつける20の質問【ブロガーのWA ! 】NO.5 – みんな!ブロガーだよ!*

お次はこんなバトンが回って来ました。

漫画電子書籍作家として創作バトンに回答してみました | 純コミックス

かつてmixiなどをやっていた時にはバトンブレイカーとして暗躍していたのですが、なんか気分がいいとこういうの書こうかなと思います(笑)。

というか前回、今回とちょうど「今の自分の立ち位置や考え方ってどんな感じなんだろう?」と自問するようなものだったのがポイントなのかなー、なんて思います。
歴代の携帯電話を昔の恋人風に書くバトンとかは苦手でしたし(笑)。


タムカイが答える創作バトン

今回は「創作」ということでどの切り口にしようかなと悩んだのですが、時にブログを書いたり、時にラクガキをしたりという私自身が切り口になっているので、回答に揺れがあるかもしれませんがご容赦ください。

というわけで早速

1. アイディアとかどうやって出してますか?

おそらくアイデアの定義にもよると思うのですが、私個人の感覚として考えようと思ってもなかなか思いつかないのがアイデアってやつなのです。
もう少し説明すると「こうなって、次はこうなる」という道筋はアイデアというよりロジックだと思っていて、アイデアはもっと「これはおもしろそうだ!」という閃きみたいなものだと感じていて。

思い浮かぶ時はほぼ映像のイメージになっていて、それを言葉やラクガキで具現化したり理論付けする感じで人に伝えられるカタチにするような。

と、自分で書いてて気づいたのですが、アイデアをこういうように定義してるせいでアイデア出しが大変ってことなのか…。

あとこういう思いつきの材料になるということが分かっているので、色々新しいもの好きだったり、ネットを見てたり、本を読んだりするのが好きです。


2. アイディアが出やすい場所は?

前述のアイデア出しとも関連するのですが、机に向かってウンウン考えるよりもふとした瞬間にパッと思いつくことが多いです。

よく言われる三上(馬上・枕上(ちんじよう)・厠上(しじよう))はもちろんなのですが、誰かと話している時だったり、考えようとしてない時に何かが浮かぶってことありませんか?
(たまに「話聞いてる?」って言われる時がありますが、そういう時はだいたい意識がそっちに飛んでるだけで結構ちゃんと聞いてます(笑))


3. 作品仕上げるのにどれくらいかかる?

私の場合、何を作品と言っていいのか分からないですが、ブログに載せているラクガキは30分とかそんなので一発書きで出来上がっています。

しっかり描き上げるよりも色々描くほうが楽しくて、大体そんな感じです。

イベントなどのラクガキノートはイベントが始まって終わるまでの時間で描き上げますね。


4. 今までで一番嬉しかった感想は?

月並みですが「これはあなたにしか描けない」と言ってもらった時はうれしいですね。
というかラクガキに感想がいただけるなんて、ありがたい時代です(笑)

ラクガキノートを書いたイベントでは、それをそのまま懇親会など自己紹介代わりにお見せするとほぼ興味を持っていただけてそのまま覚えていただけたりして、描いててよかったなーと思ったりです。


5. 尊敬する人は?

尊敬という意味では、自分の両親に勝る人はいない気がします。
色んな考え方の基礎を作ってくれた存在です。

表現者としては最近絵本作家のピーター・レイノルズさんが好きです。
絵の優しい雰囲気はもちろんなのですが、そこに込められたメッセージがとてもいいです。


6. 目標とかありますか?

自分自身が「アーティスト」と思っているわけでもないですし、「デザイナー」というくくりもお仕事としてやっていますがそれだけでもないですし…ということもあって私自身である「タムカイ」という存在になりたいな、なんて思ったりします。

あとは「ハッピーラクガキライフ」というラクガキ講座にこめた「もっともっと多くの人が表現する楽しさを感じて欲しい」というのが目標といえば目標でしょうか。
もちろん「絵を描く」ことだけでなく、表現っていうのは色んなカタチがあるよね、というのも含めてですね。


7. 描きたいジャンルは?

先ほどのピーター・レイノルズさんではないですが、例えば絵本のように大人も子供も等しく楽しめて、何かを感じられるものが作れたらなー、なんて思ったりします。


8. 回してくれた人の作品どう思う?

純さんはその一つ前にバトンに答えていたふじもなおさんとDPUBというイベントで似顔絵大会をしたり、2014年5月には共同開催のイベントを開催させていただいたこともあり、なんだか戦友みたいな感覚を持っています(笑)

作品についてはマンガそれ自体というよりも、その奥にあるメッセージを伝えるためのツールとしてマンガを使っているという印象で、そこが自分と近い所があるなぁって勝手に感じたりしています。


9. お疲れ様でした!

ういっす!


10. 最後に回したい絵描きさん字書きさんをどうぞ!

誰に回そうかな―と少し考えたのですが、先日わざわざ会いに来てくださったことで初対面を果たした、ブログ「ヨッセンス」のヨスさんに回してみたいと思います。

ヨッセンス(yossense)
http://yossense.com/

自ら名乗っている肩書が「キモ絵ブロガー」というなかなかのヨス+センスなので、きっと面白くしてくれるに違いありません(笑)

そんな感じでヨスさんよろしくお願いします!

▼1. アイディアとかどうやって出してますか?
▼2. アイディアが出やすい場所は?
▼3. 作品仕上げるのにどれくらいかかる?
▼4. 今までで一番嬉しかった感想は?
▼5. 尊敬する人は?
▼6. 目標とかありますか?
▼7. 描きたいジャンルは?
▼8. 回してくれた人の作品どう思う?
▼9. お疲れ様でした!
▼10. 最後に回したい絵描きさん字書きさんをどうぞ!

このエントリーをはてなブックマークに追加    
     
SPONSORED LINK

関連記事はこちら





タムカイと申します。
ワシヅカミの人タムカイの切り抜きジャック人生の楽しみ方をデザインする」をテーマにガジェット、デザイン、子育て、美味しいものなどについて書いているブログです。
詳しいプロフィールを見る