SPONSORED LINK
ラクガキノートはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

あの楽しさが再び!ぺんてるのラクガキカフェ&バーが今年も期間限定でオープンするよ!


DSC03122

昨年期間限定でオープンし、このブログでもご紹介した文房具メーカーぺんてるさんによる「GINZA RAKUGAKI Café&Bar by Pentel」というお店。

なんとこちらのお店が今年2015年にも9/6~10/31の期間限定でオープンするということで、ぺんてるさんにご招待いただき一足早く中を見せていただいてきました!

SPONSORED LINK


2015年ラクガキカフェ&バーのコンセプトは「美術館」

DSC03094

2014年に引き続き、場所は銀座5丁目にある日比谷バーが経営する銀座 B.E.HOUSEになります。
こちらはぺんてるさんだけでなく、様々なブランドとコラボした店舗になるとてもおもしろい場所なんだそうです。
(住所は東京都中央区銀座5-6-5 NOCO 7F)

DSC03093
エレベーターホールにはぺんてるのキャラクターであるペペ君とルルちゃんがを思わせる二体のマネキンが。

DSC03095
このルルちゃんが持っているのがこちらのイラスト。

こちらさらに寄っていくと…

DSC03096
線だと思っていたものが実は「pentel」などの細かい文字なんです!
これはぺんてるの人気商品0.2mmのシャーペン「オレンズ」で描かれたものなんだとか。

DSC03098
さて、ちらりと横を見るとどこかで見たことのある絵画が。
これはムンクの「叫び」ですね…でも、あれ?

そして店内に入ると…

DSC03107
ミレーの「落穂拾い」に…?

DSC03108
ダ・ヴィンチの「モナリザ」…!?

DSC03116
あのナポレオンもえらいことになっています。

DSC03119
そう、今年のラクガキカフェ&バーは去年とはまた趣向を変え「美術館」をテーマにしたものになっているんです。

静かにしなきゃいけない、ましてやラクガキなんて!という「美術館」をテーマにしたのはおもしろいなーと感じました。だって、誰しも教科書の偉人や名画にラクガキしたことあるじゃないですか!

また、今年は壁をラクガキのしやすい塗料で白くすることで、昨年以上に様々な筆記具で書きやすくなっているそうです。

DSC03115
そんな店内を見つめるのがぺんてるの和田社長。
この時点でかなりお茶目なことになっていました(笑)


店内にはぺんてるさんならではの展示も

DSC03102
社長の横には店内で使える筆記具の展示があります。

DSC03101
ちゃんと特徴が紹介されていて、筆記具好き(そんな人種がこの世にはいるんですよ…私とか!)はついつい読み込んでしまうほど。

このあたり、ぺんてるさんは文具メーカーというより筆記具メーカーであることを打ち出した部分だと感じました。

DSC03114
こちらは店内にある記念撮影コーナーです。
この右側のクレヨン、実は本物なのです!

重さ約70kg、下手に持つと自重で折れてしまうんだとか…!

DSC03109
持ち上げようしたら本気で止められてしまったので、クレヨンのぬいぐるみを持って記念写真を一枚(笑)


昨年があったからこその今年に!

DSC03144
ぺんてる社内では今年のオープンに向けて社内から有志のメンバーを公募し、さらに表現する楽しさを感じてもらうためのプロジェクトを進めてきたそうです。

例えば先ほどの記念写真スポットなどは描くだけでなく、写真を撮ってシェアするという表現を感じるものになっています。こんな風に細かい部分がちょっとずつ改善されているのが印象的でした。

DSC03142
こちらは昨年もご挨拶されていたぺんてるの木谷さん。

なんと今年の新卒で「ラクガキカフェ&バーやりたい!」と面接で言って、無事来年入社することが決定した方がいるんだとか!

「ということは来年も…!?」と思ったところで、「2034年までやりたいと思っています!」との発言が!2034年って自分は何をやってるんだろう…!!

DSC03148
そうそう、ぺんてるといえばおなじみの二人が…

DSC03150
なんと実写版となって現れるサプライズも!

ぺぺ君のズボンがちょっと長くてぺぺさんみたいになってますね(笑)


お客さんもラクガキできる!今年も素敵なドリンクとフード!

ドリンクとフードは今年も「ラクガキ」をテーマにした楽しいものがたくさんでした。

DSC03134
メニューはこちら

DSC03163
昨年からの定番カラフルな「ぺんてるソニック」と

DSC03167
7色の特製ソースが楽しくて美味しい「フレンチフライポテト パレットSTYLE」

DSC03174
こちらは今年の新メニュー「RAKUGAKI たこ焼きせんべい」です。

DSC03172
一緒に運ばれてくるこちらのソースを使ってたこせんべいのキャンバスに絵を描けるというもの。

DSC03179
描くこと自体が楽しいのですが、「食べ物で遊んじゃいけません!」と言われ育ってきたけどこれはソースだし…と不思議な背徳感がありついつい笑顔になってしまいます。

DSC03181
こちらはドリンクの新メニュー、ぺんてるのPが入った「アートブラッシュスリング」

DSC03182
ぺんてるサインペン5色セットをイメージしたカクテル「5色セットクーラー」。

DSC03190
自分で完成させるカクテル「レボカラーチャージ」
いやあ、この容器はかなりのインパクトがありますね…!(笑)


自分だけの色!サインペン作りワークショップが楽しすぎる!

そして今回もうひとつの新しい試みが、自分だけのサインペンを作れるというワークショップです。

DSC03124
これらのインクを混ぜて自分だけの色を作るというものなんですね。

DSC03125
だいたいどういう色ができるかというカラーチャートがあるので、これを参考に自分の作りたい色をイメージしてインクを混ぜていきます。

DSC03201
ゆっくり慎重に…

DSC03205
以外にポイントになるのがこちらの薄め液でした。

DSC03207
綿棒を使って何度も試し書きをします。

私が今回作ろうと思ったのが「薄いオレンジ」でした。
市販のサインペンが原色系によっているので、せっかくなら絶対に買えない色にしたいな、と思ったのです。

もうちょっと赤を減らしてもよかったか…などと、後で思ってもやり直しがきかないというのもまた楽しさのひとつなんですよね。

DSC03214
完成したインクを係りの方に預け…

DSC03220
特殊な注射器で真っ白なサインペンに注入してもらいます。

DSC03127
こちらはサインペンがどんなパーツでできているのかという部品展開図です。
実はキャップ、本体、ペン先、インク軸、後ろのキャップというごくごく少ないパーツでできているんですよね。

DSC03225
今回の作業では最後にペン先を自分でグッと押し込むことで完成になります。
この工程、実際に工場でやっていることと同じなんだとか…!

DSC03227
ペン先にインクが浸透してきたら完成です。
描いてみると自分だけの色ってこんなに嬉しいんだと感じます。

昨年のイベントレポートで「この場の盛り上がりを日常に還元する工夫が欲しい」と描いていたのですが、このワークショップはその答えのひとつじゃないかな、と感じました。

ただ、こちらは常に体験できるわけではなく、10/17(土)のカフェタイムに予約制で行うことになっているそうです。
情報は公式サイトに載ると思いますのでこまめにチェックしてみてください!

GINZA RAKUGAKI Café&Bar by Pentel
http://pentel-rakugaki.jp/



あとぺんてるさん、周りでもパステルカラーを作ってる人が結構いたのですが、このシリーズで商品化しちゃいませんかね…?(笑)


子供に戻った気持ちで「ラクガキ」してみよう!

最初に知らせを聞いた時「おお!今年もやるのか!」と驚きとともにとてもうれしくなりました。

昨年「この店こそがぺんてるさんの壮大なラクガキだ」というようなことをブログに書いたのですが、実際やってみた(表現した)からこそ他の人に届き、反応があって今年につながったんだろうな、と思います。
そしてやってみたからこそ振り返って、よりよくすることもできるのだということも感じました。

これってまさに私がラクガキ講座でいつも言っていることとなんですよね。

去年訪れた方の中に「ラクガキってこんなに楽しいんだ!」と言っていた方がいたのですが、もっと多くの人に表現する楽しさを感じてもらいたい!というぺんてるさんの願いが自分のことのように嬉しくなったのでした。



今回は食べて、飲んで、ペンを作ってと楽しみすぎてしまい、肝心のラクガキは和田社長を量産する(右側)ので精一杯
いやー、また家族や友達と行ってラクガキしたいなー!

DSC03234

ちなみに昨年はオープン中ほぼ予約でいっぱいだったという声も聞きましたので、来店の際には予約をしていった方が良いかと思います。

また、飲み放題がついたパーティープランもあるのですが、こちらだと特製のカクテルやお絵描きするフードが含まれいないので、個人的にはアラカルトで注文した方が楽しめるかなーと!
是非、お友達などとお誘いの上ラクガキを楽しんじゃってください!

公式サイトはこちら
GINZA RAKUGAKI Café&Bar by Pentel
http://pentel-rakugaki.jp/

ぐるなびのページはこちら
GINZA RAKUGAKI Café&Bar by Pentel(銀座 B.E.HOUSE)
銀座 B.E.HOUSE
ジャンル:銀座/日本酒ダイニング
アクセス:地下鉄丸ノ内線銀座駅 A1番出口 徒歩1分
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座5-6-5 NOCO7F(地図



そうそう、実は去年こちらでイベントをさせていただいた縁などもあり、ラクガキノート術にぺんてるさんの「ラクガキ」と去年の様子が載っているんですよね!

是非ご来店の際はこちらを読んでから(笑)