SPONSORED LINK
ラクガキノートはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

猫から逃げつつチーズを集めろ!「ねことねずみの大レース(Viva Topo)」で子供も大人も盛り上がる! #子供と一緒にボードゲーム


DSC05251

こんちには、タムカイです。

先日から子供と一緒にやってみたボードゲームを紹介しておりまして

今回ご紹介するのは、前回紹介したスティッキーと同じくドイツ製のボードゲーム「ねことねずみの大レース(Viva Topo)」です。

こちらのゲームは2003年にドイツで年間キッズゲーム大賞を受賞しているそうで、その楽しさは折り紙付きとなっており、実際に子供と遊んでみて大好評でした。

SPONSORED LINK

DSC05256
こちらのゲームも箱には可愛いイラストが、ネズミが猫から逃げつつチーズを集めるという世界観がそのまま表現されています。

実際のコマは箱の左下にあるような、木でできた素朴な感じのものになります。

DSC05250
ゲームとしてはボード内の四隅にチーズのかけらが、一周回っところに一番大きいチーズが置かれていて、サイコロを振ってコマを進めてこれらを集めるというもの。

このゲームの特徴の一つとして、自分のコマ(ネズミ)が複数匹いるというのがあります。
一匹をどんどん進めて大きいチーズを狙うのか、全部を使ってまんべんなく進めるのかというところに、戦略はもちろん、性格が出るのも楽しいところなんですよね。

DSC05255
サイコロの目は1が2つと2〜5で6面になっていて、1が出た際には猫のコマが1つずつ進むというルールになっています。

なのでサイコロの出目によって状況がどんどん変わっていくという流れになって、単なるすごろくとはまた違った楽しさがあるんです。

DSC05253
ボードのコマはサークル状になっているのですが、猫は2周目になると2倍の速さ(1つ飛ばし)で進んでくるので、それを見越した動かし方が求められます。

運だけでも戦略だけでもないゲームなので、大人と子供が一緒にやっても同じように盛り上がれるゲームでした。
シンプルでありながら毎回展開が変わるというのもあり、子供たちから「やりたい!」と言われることも多いゲームです。

ま、我が家では子供がネズミの色でケンカするというゲーム以前の争いが始まってしまったんですけどね…(苦笑