SPONSORED LINK
ラクガキノートはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

これでばっちり!「かわるビジネスリュック」PCポケットの安心感を上げるひと工夫とは


先日製品発表会に参加させていただき、モニターとしてサンプルを使わせていただいております「かわるビジネスリュック」

お仕事にプライベートにと色々使ってみて、これまでに無かった構造に由来する新しい使い心地に「ほほう…!」となりつつすでに手放せなくなっております。

さて、そんなかわるビジネスリュックなのですが、使い始めから一点気になっていたところがありました。

それがPCポケットです。

SPONSORED LINK


そのことに気づいたのは使い始めてわりとすぐ

実は使い始めてすぐ、こんなつぶやきをしておりました。

背中側にPCが来ないので、背中とリュックの間に隙間が生まれるんです。

これがとてもいい!

一方で問題はこちら、私がPCにカバーをつけたりケースに入れたりしないせいもあるのですが、裸でかわるビジネスリュックのPCポケットに入れていると、床に置いたとき「コツッ」という音がするのです。

触れてみるとクッションの底面への回り込みが若干甘く、それが原因なのかな、と。

これに対し、同じ日に使い始めた知人からもこのつぶやきが

きっとこれから多くの人が手にして、同様の感想を持たれるかも知れないので、私が行ったひと工夫をご紹介いたします。


困ったときは100均にいってみよう!

細長い発泡フォームを探したのですがこれが意外に見つからず、とはいえ発泡スチロールではぼろぼろと崩れてしまうと思い、色々考えて選んだのがこれです。

よく見かける滑り止めマット(30cm幅)です。

これを丸めて入れれば太さを調整できますし、ポケットの中でも滑り止めで動かないですし、入れたPCもズレずにすむのです。

またかわるビジネスリュックのPCポケットの幅が30cmより少し小さいので、左右を少し折って「コの字型」にすることで左右角の衝撃にも強くなりました。

手順としては、巻いたときの太さがいいくらいの長さを切って…

クルクル丸めてPCポケットの底に入れるだけです。

これで床に置いたときの「コツッ」という音はしなくなりました。
ちなみに私は最大でMacBook Pro13インチとiPad Proの二台をPCポケットにいれたりするのですが、こちらの場合でも大丈夫でしたよ。

PCポケットが外側のため衝撃に弱いのではないか?という声を見たりもしますが、外側の生地とポケットの中身でクッション代わりになっており、これでダメなら大体どんな場面でもダメなんじゃないかな?という感じですね。

ということで、私が「かわるビジネスリュック」のPCポケットを快適に使うためのひと工夫をご紹介いたしました!



商品詳細および販売ページはこちらになります!


このエントリーをはてなブックマークに追加    
     
SPONSORED LINK

関連記事はこちら