SPONSORED LINK
ラクガキノートはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

超お得なKindleオーナーライブラリーって何?でも使っちゃいけないのはこんな時



先日Kindle Paperwhiteを購入したのはブログに書いた通りなのですが、使っていく中で聞いたことのない言葉に出会いました。

それが「Kindle オーナーライブラリー」というもの。

実はこれ、ものすごいサービスなんですね!


プライム会員なら毎月一冊無料!?

こちらがAmazonによる説明ページです。
Amazon.co.jp: Kindleオーナー ライブラリー

ここにこれ以上ないくらい簡単に書いてありますが、Amazonお急ぎ便などが何度でも使えるるプライム会員(年会費3900円)かつ、Kindle端末を持っていると(アプリ版ではダメ)対象の電子書籍が毎月一冊ずつ無料になり、無期限に読めるというものなのです!

しかもその対象が驚くほど多いという!

このプライム会員、おそらく多くの人がネックと感じるのが年会費だと思います。
私は以前からお急ぎ便が利用できるのと、同居の家族も利用できるという理由でプライム会員だったのですが、オーナーライブラリーが使えるようになり辞める理由がなくなってしまいました(笑)

だって月に500円の書籍を読んだとして年間で6000円分ですからね。
もちろんこのためだけに入るならちょっと考えますが、お急ぎ便も使えてこれですからね!


ただちょっと注意というか

今回私は先日のエントリでも紹介した限界集落(ギリギリ)温泉の2巻をKindleオーナーライブラリーで無料にし、3、4巻を普通に購入したのですがそうするとどうなってしまうか…。


そう、アプリ版を使う時です。

例えばもう少し大きい画面で読みたいとiPadを使った際に、2巻だけないという状態に。
こうなると買い直さざるをえないというか、なんというか。

ですので、Kindleオーナーライブラリーでは連載もの以外を利用されるのがベターだと思います。
またマンガの場合、大きな画面のiPadなどで見ることもできなくなるので、ビジネス書などで使うのがいいだろうなぁ、と。

ともかく、Kindle端末を手に入れた人はプライム会員を検討してみてもいいんじゃないですかね?

僕は一度使ってしまったので来月が待ち遠しいです!(笑)

追記
Kindleオーナーライブラリーの本は端末内に一冊しか保存できないと教えていただきました。
なるほど、それも含めて本を選ぶ必要がありそうですね。