SPONSORED LINK
ラクガキノートはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の周りが全部撮れちゃうカメラ「RICOH THETA(リコー シータ)」これは本当に買って良かった!


DSC03461

先日発売が発表された後、すぐさまブログでも取り上げさせてさせていただいた全天球カメラこと「RICOH THETA」というガジェット。

その後、日本での発売がされるとともに予約し、先週の発売日には手元に届いておりましたので、早速遊んでみましたよ!

SPONSORED LINK

とてもシンプルな箱でやってきました。
DSC03456

ロゴは箔押し、高級感があります。
DSC03455

開くといきなり本体が!
蓋の裏についたクッションでレンズはしっかりガードされていました。
DSC03458

内容物はこんな感じ。
レンズが両面に出っ張っているのでケースは必須です。
DSC03462

付属のケースはもちろんぴったりサイズ。
DSC03463

スイッチ部分の光り方がかっこいい!
DSC03465

本体の質感も、左右の金属パーツもすごくかっこ良くて、持っていてうれしくなるガジェットという感じです。



お値段の4万円については、人によっては「高い!」とも言われますし、ノリのいい人なら「今からビックカメラとか行ったら買えるの?」と聞かれます。

いずれにせよ、撮った写真をiPhoneのビューワーで見せると大人はもちろん、子供もよってきて夢中で触りたがってきます(笑)

どんな写真が撮れるかというとこんな感じになるわけです。

R0010015

これを専用のビューワーで見るとこんな感じになるのです。
全天球画像 | RICOH THETA


作例が少なくて困っています><

さて、このカメラが届いてそろそろ一週間になるのですが、ここまで引っ張ってしまったのはブログに載せられる作例があまりに少ないからなのです。

というのも、これを使って家族で写真を撮るのが楽しくて楽しくて。

普段、写真を撮る係になりがちなお父さん方なら分かっていただけると思うのですが、自分自身の写真ってすごく少ないんですよね。
でも、THETAであれば家族と一緒に写った写真が撮れてしまうんですよね。
これが楽しいんですよ!

で、家の中のあれもこれも写ってしまうので、これはちょっと公開できないな、と(笑)



そんなわけで、もうちょっと公開できる写真を撮りたいなと思いつつ、かなり楽しんでおります、THETA。
旅行などとの相性もめちゃくちゃ高いと思いますし、個人的には一眼カメラのレンズをひとつ買うくらいの感覚で手に入れてもいいじゃないのかな、と会う人会う人見せびらかしてオススメしている毎日です(笑)

ほんと、楽しいですよ!