SPONSORED LINK
ラクガキノートはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

自分が写った家族の写真ってうれしい。家族カメラとしてのRICOH THETAのすばらしさについて


IMG 4826

さて、この年末年始は家族を連れて私の実家へ帰省しておりました。
家族で旅行や帰省といえば、父親の役割はそう「カメラマン」。

というわけで今回の帰省にはもちろんいつも使っているNEX-6に加えて、RICOH THETAも持参してみたのです。

で、ある程度分かっていたことではあるのですが、家族カメラとしてのRICOH THETAってとても優秀なわけですよ。

SPONSORED LINK


その場を切り取ることで「写真」以上の記憶が残る

IMG 4828

なんといってもTHETAの特徴といえば全天球画像が撮影できること。
つまり普通の写真を撮る時に意識するフレームの外側も撮影できているわけです。

すると、何気なく撮影した新幹線での全天球画像には、新幹線の座席番号から、テーブルにのった食べていたおやつ、自分の上下の服装までが写っています。

一枚の写真から色々と思い出すということがありますが、全天球画像ならさらに要素が多いな、と感じたのです。


家族みんなの写真だって、THETAなら撮れる

IMG 4794

ちょうどタイミングよくわんぱくブロガーがこんなエントリをあげていました。


【後悔しないために!】正月だからこそ、家族で集合写真を撮って欲しいぞ! | むねさだブログ

これ、本当にそうだな、と思うのです。が、なかなか言い出せないのも事実。
そして撮ったとしてその一枚だけ、ということもよくあります。

ところがTHETAだと撮影者も一緒に写りますし、食卓の中心に置いて撮影すればみんなで食卓を囲んでいる自然な姿も簡単に撮影できてしまいます。

何よりも私自身が家族と一緒に写っていることってこれまでほとんど無かった気がするよな、と撮影した写真を見ながら思ったのです。

また、上の写真は子供を肩車した私自身が撮影しているのですが、フレーミングを気にしなくていいので適当にシャッターを押して、あとからいい感じに切り出すなんてことも出来たりして。

[クリックで全天球画像ビュワーを起動]


2014年もガジェットで家族の楽しみをデザインしていきたい

IMG 4795

とまあ、こんな感じでガジェットが大好きなのは、やっぱり日々を楽しくしてくれるからなんだろうな、とあらためて思った年末年始でした。

今年もRICOH THETAをはじめとしてガジェットを使ったりあれこれしながら、色々楽しいことを企んで、ブログをはじめ色んな手段で発信したり受信したりしていきたいな、と考えております!

今年はどんな出会いがあるか、楽しみだなー!



【追記】
そして2015年9月に画素数が大幅にアップし、さらに綺麗な写真と動画の撮影が可能になった「RICOH THETA S」が発表になりました。(発売は2015年10月末)。初代発売時の価格そのままに、中身はほぼ別物と言っていいほどの進化を遂げました。

これまでどうしようかなと思っていた方も、これは買いのタイミングだと思いますよ!



あと家族の写真の整理や管理には「おもいでばこ」が大活躍してくれるはずです!