SPONSORED LINK
ラクガキノートはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

RICOH THETA S(リコー シータ S)が届いたのでレビューを!…と思ったけどテンション上がりすぎたのでそれを書いていきます(笑)


12027743 10203490298617387 3700652952949578718 n

2015年10年23日に発売になった全天球カメラ「RICOH THETA S」
9月の発表時に私もすぐさま予約注文し、ようやく手元に届きましたのでレビューをしていきたいと思います!

SPONSORED LINK

で、最初はこんな感じで箱の写真を撮ったり
DSC03847

同梱物はこんな感じです
DSC03850

みたいに淡々とレビューしていこうと思ったのですが、ひとたび触ったらテンションが上がりすぎたので、以下ファーストインプレッションということで勢いで書いてます(笑)




いやーーー、RICOH THETA S楽しい!めっちゃ楽しい!

楽しいだろうなーという確信はあったけど、その5倍くらい楽しい!!!

まず画質の向上具合がすごい!
家人に見せて「あ、きれい!」っていうくらいすごい!

そしてなんと言っても動画!
いや、これ今までサンプルとか色々見てきたけど「自分の動画」っていうのがまたすごく良いんですよ!

動画の中に子供が、自分がいるこの感じ。
動画になったことで“ひと時”を丸ごと全部残しておけるこの感じ

GoProとかアクションカメラと比較してる人がいたけど、これは全く別物なんです。
陳腐な言い方だけど「次元」が違う、みたいな。
これまでのカメラでは撮影できなかったなかった記録者の正面以外の方向というが加わることでこんなに面白いなんて。

ふと思ったのは昔、我が家で親がたまにカセットで何気ない瞬間を録音していた「声のアルバム」ってのがあって、それに映像がついてるみたいな印象。

カメラの位置というファクターはあるのですが、フレームなく文字通り全てを記録しているこの感じ。

一方でこんな映像撮ってみたい!ってインスピレーションが降りてきたりもして。

なんでもない人のなんでもない瞬間なんだけど、切り取ることによってそこにいた人にとってはかけがえのないものになる感じというか。

なのに特殊なスキルも何も要らないこのカメラのすごさときたら!!
冗談っぽいけど、持ってるのと持ってないので人生変わるレベルかも(笑)

いやあ、初代からの買い替えでしたが全く後悔ないどころか、即決断した過去の自分によくやったと言ってやりたいですね!




もっと書こうと思っていたこともあったのですが、まずは使い倒してきたいと思います!



あと記事執筆時、なんとRICOH THETA SがAmazonのコンパクトデジタルカメラ売れ筋ランキングで1位になっていました。
いやあ、初代の発売からずっと追いかけてきた私としては、なんだかわがことのようにうれしかったりして(笑)