SPONSORED LINK
ラクガキノートはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

RICOH THETA S(リコーシータ)と一緒に買っておきたいアクセサリーまとめ(一脚、三脚、バッテリー、ストラップ)


DSC03247

先日Appleから新しいiPhoneなどが発表され、周りがその話題で持ちきりなのですが、個人的に今年の機種変更を考えていないため、そうそうに熱狂から脱出することができました。

しかし、そんな私の心の中で未だ消えない火が灯っていることに気がつきました。
そう、RICOH THETA Sです。

SPONSORED LINK

そんな私は発表と同時にこちらの記事を書き、すぐさま予約注文いたしました。

するとこちらの記事の反応で「今回は自分も買う!」とシータ仲間が増える予感をびんびんと感じましたので、そんな方に向けて初代発売からずっと使ってきた私のおすすめアクセサリーをご紹介しておきたいと思います。


視点を変えて楽しさアップ!THETA棒こと一脚!

こちらは私がずっとおすすめしてきたアイテムです。
最近は自撮り棒としてみるものと同じものですね。

こちらの特徴は何と言っても上や下に伸ばして視点を変えられることです。

乾杯二回目! – Spherical Image – RICOH THETA

お店の中の様子を天井付近から見下ろすように撮影したり、スワンボートに乗りながら外に伸ばして撮影なんてこともできたりします。

こちらがないTHETAは考えられないくらいです。

B00D76RNLS

単体で使うことはもちろん、先ほど紹介した一脚と組み合わせることで効果を発揮するのがこちらのミニ三脚です。
私はキャンペーンでホワイトモデルを買ってしまったのですが、黒の方がいいかなーと思っているのは内緒(笑)

こちらを組み合わせることで人の目線くらいにTHETAを設置することができるので、円陣を内側から撮影するなんていうことができるのです。また、適度な重さがあって安定するところも気に入っているポイントです。

ミニスカサンタ祭り!! – Spherical Image – RICOH THETA

一部の界隈で有名になった「ミニスカサンタ祭り」の写真はこちらを使って撮影しました。


ミニスカサンタ祭りとかいうイベントにRICOH THETAを持参して参加。勘のいい方にはお分かりでしょう(笑)


出先での充電も安心!モバイルバッテリー!

THETAの充電はmicroUSBケーブルを使って行います。
スマホなどを日常的に使っている方には今更でしょうが、モバイルバッテリーがあるとTHETAの充電ができます。

ちなみにケーブルは同根品として入っているようなのでこちらは安心ですね。

だいたいこのくらいがあればいいかと思います!


あれ?ケースってどうなの?ストラップは?

カメラといえばだいたい最初に探すのがケースで、THETAにも純正のケースはあるのですが…

発表されている同根品のリストを見るとひとまずケースが付いてくるので最初に買う必要はないかな、と思います。
かくいう私も初代についてきたケースをずっと使っていてとりあえず不満はない感じなので(余談ですが、ファスナーの位置や有無など微妙に進化しているそうです)

Ricoh Theta S 360 degree camera box 550x550

ついでに純正といえばこちら

ストラップをつけるためのアタッチメントなのですが、これをつけると先ほどの純正ソフトケースが閉まらない、などの問題も起こります。
あとこいつがあんまりお安くないというのも若干ネックで…

これを買うくらいならこちらを買った方が、コンデジなどに簡易的にネックストラップをつけることができて便利だと思います。

そんなわけで発売まであと少し!
みんなで全天球ライフを楽しんじゃいましょう!!

こちらの記事もオススメです!