SPONSORED LINK
ラクガキノートはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

ほろ苦うまい大人の卵かけご飯を開発してしまったお話。


SPONSORED LINK

2014年08月27日15時24分59秒

料理っていうのはどこか化学実験に似ている。

この材料とこの材料を組み合わせてどんな味になるだろうか。
時に狙って、時に偶然に。

この日は目の前に新鮮な秋刀魚の塩焼きと、小腹が空いていて珍しく序盤に頼んだ卵かけご飯が。

私は秋刀魚が大好きで、昔から骨もワタも全て食べてしまう。
しかもこの日はとても新鮮な秋刀魚とのこと。



このワタを卵かけご飯に混ぜたら…

アイデアは突然やってくる、もちろん止める者は誰もいない。



のせる、食べる…


う、うまい!!

とがった苦さが黄身の甘みでマイルドにコーティングされる。

苦味が甘みを、甘みが苦味を互いに引き立てる、まさに化学反応…!

焼き秋刀魚で白飯が進むというのはよく聞く話だが、これからはあえて押したい
ワタのせ玉子かけご飯が最高である、と。

場所はいつものこのお店。
渋谷「立呑み なぎ」:道玄坂の隠れ家的立ち飲みで福島の地酒と美味しい肴をいただく!




今回のワシヅカミ

今回のワシヅカミポイントは

食いたいものを食いたいように食べるのが一番!あと素材がいいって超大事!

以上!

このエントリーをはてなブックマークに追加    
     
SPONSORED LINK

関連記事はこちら





タムカイと申します。
ワシヅカミの人タムカイの切り抜きジャック人生の楽しみ方をデザインする」をテーマにガジェット、デザイン、子育て、美味しいものなどについて書いているブログです。
詳しいプロフィールを見る