SPONSORED LINK
ラクガキノートはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

ペン立てになるペンケース、ネオクリッツを5個も買った理由は「会議のワークショップ化」が最近の自分のテーマだから


ある製品を気に入ると、同じものが欲しくなったり、カラーバリエーションをそろえたくなったりしませんか?

そんな思いもあったのか、気づくと上の写真のようにコクヨのペン立てになるペンケース「ネオクリッツ」が手元に5個もありました(笑)

正確には元々左の2つを持っていて、新たに3つ買い足したカタチになるのですが、今回追加購入した理由が、タイトルにもある「会議のワークショップ化」が最近の自分のテーマだからなのです。

SPONSORED LINK

仕事柄、単なる打ち合わせはもちろん、みんなでアイデア出しをする会議を行うことも多いのですが、こういう時たまになってしまうのがこんな感じの打ち合わせ風景。

ダメな会議

一応ファシリテーター役の人がホワイトボード前に立つものの、みんなノートPC開いちゃってて、声の大きい人がたまにアイデアを出すけど、他の人は別の仕事のエクセルを編集してたりして…



そういいうことがたびたびあり、自分が主催したりコントロールできる時には、みんなが参加できるようなもの、特に自分個人でも「ハッピーラクガキライフ」なんてものをやっているので、みんなで手描きでアイデアを出すワークショップのような形式にしたりしているのです。

で、それに関連してこんなツイートをしていました。

で、この時に大量のペン(私物)を持ち込んでいるのですが、普通のペンケースだと使っている時にテーブル上に散乱してしまうのです。

そこでネオクリッツの登場です。

まずカバンの中でのこの納まり具合。
もう相性が抜群なのですよね。

そしてこれを展開したところがこちら(ピントが甘すぎる…)。

一番右は個人で使っているネオクリッツ、ピンクはまだ用途未定で左奥に
無印の筆のカラーペンだったり、海外で買ってきたビックのカラーペンだったり、色鉛筆だったり。

ダーマトグラフ、サインペン、油性マーカーあたりは元々のケースが薄くていい感じなのでそのままカバンの中にいれておいて、現場で展開しています。

余談ですがこういうのを立てるスタック可能なペンスタンドとかあればいいなぁ…
紙コップとか倒れちゃうんですよね(笑)

ちなみにカバンの右端に入っているのはこれです。
(今は432円になってしまいましたね)

ちなみに以前こういう記事を書いた通り、手書きしたものをScanSnapでスキャンすると共有できたり、資料に張り込んだりできてとてもいい感じなのですが

最近は無線接続スマホなどでも使えるScanSnap iX100が大活躍してくれています。



あとは具体的にやっていることをちょくちょくこのブログでも紹介していければ、いいかなー、とかとか。



さてネオクリッツはアマゾンの売り場では全8色の他のカラーも確認できますよ。

こちらの記事もオススメです!