SPONSORED LINK
ラクガキノートはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

待望の新型!360度の写真と動画を撮影できるカメラ「RICOH THETA(リコー シータ) m15」をあらためて子供のいる家族にオススメしたい理由


Theta m15

一度のシャッターで、自分を含む360度全天球の写真が撮れてしまう魔法のようなカメラ「RICOH THETA(リコー シータ)」というものがあります。

昨年11月に初代が発売され、私も発売日の入手からずっと使い続け、ブログにも色んなことを書いてきました。

手にした瞬間から「これはいいものを買った!」と感じていたのですが、あれから一年経った先日、動画も撮影できる新型「RICOH THETA(リコー シータ) m15」が発表されたこともあり、あらためてこのカメラの魅力をお伝えしたいな、と思ってこの記事を書き始めました。

先に結論からいうと
・動画撮影が可能に!(待ちに待った機能!
・スマホ転送のスピードが向上!(日々の使用で何気に重要)
・そして何より新型なのに安くなった!
(定価4万→3.5万になった上、今Amazonだと31230円!(2014/11/04現在)

なので「迷っていたー」という方なら、その楽しさも含めて間違いなく買い!でいいと思うのです。

SPONSORED LINK


スペック的な魅力もあらためて

今回の「RICOH THETA(リコー シータ) m15」ですが、最大の特徴は360度全天球の動画が撮影できるようになったという点です。

発売当初から待望されてきた機能であり、「実は初代にも念のためマイクを付けてました。」とRICOHさんがおっしゃっていたのですが、新規パーツ構成のため初代のアップデート対応はなく、新型のみで可能になります。
最長撮影時間は3分、撮影した動画の現像にPCが必要ではあるのですが、これは本当に楽しそうです。

RICOH THETA公式サイトのムービーも見ていてワクワクしてしまいます。



また細かいのですがWi-Fiでの転送速度のアップも何気にうれしいところ。
使っているとさっと見たい!と思うことも多かったんですよね。

また、新型なのに安くなったというのも見逃せません。
筐体のデザインが初代と同じなので、コストカットが可能になったのでしょう。
ぶっちゃけこれまで多くの人に値段を聞かれ

「4万!微妙に高い!」

と言われ続けてきましたが、これがほぼ3万円で買えるようになったのは大きいと思うのです。



これ、カメラ好きの人には「手頃なレンズ一本くらいですよ」という感じですすめられる価格なんですよね。

そしてそして今回おススメだと言っている、お子さんをお持ちの方だと分かると思うのですが…某スタジオで写真を撮ってプリントしてってやると…大体これくらいいっちゃうわけなんですが、それくらいなんですよね(もちろん写真の質は違いますが、参考までに

と、ある意味スペックと金額でのオススメはこんな感じなのですが…


私がオススメしたいと感じたのは、この一年分の記録を見直していたとき

それこそ昨年初代THETAを手に入れてから色んな所に持って行きました。

イベントの様子を撮影し、飲み会では面白がられ、保育園の父兄のからは珍獣を見るような目で見られました(笑)。
でも、撮影した写真を見せるとみんな喜んでくれて。

で、こうやってアプリで一年分の写真を見返していたのですが、やっぱり見ていて楽しいのは家族での写真なんです。

もちろん、旅行に行ったときにはたくさんの写真を撮りました。
将来「こんな場所に行ったんだよ」と見せてあげられるように、普通の写真だけでは伝わらないその場所を切り取る感じで。

部屋の中で撮った何気ない一枚も、よく見ると今は遊ばなくなったおもちゃだったり、着れなくなった服が写っていたり、こういうわざわざ撮ろうと思わなくても残る感じがこのカメラにはあるのです。



で、一番の魅力はこれまで何度もブログに書いてきたことなのですが…

撮影してる自分と子供が一緒の写真が撮れるってことなんですよね。
ふと気づくと子供の写真はたくさんあるのですが、親の写真って少ないんですよね。

我が家の場合、家人の写真は比較的撮るようにしているものの、自分と子供の写真が思ったよりも少なくて…。
なので、上の写真のような撮れるのが本当にうれしいのです。

もちろん「もっと画質が良ければ…」など要望点はあるのですが、少し前までは専門的な機材を持った人にしか撮れなかった写真が、誰でも手軽に撮れる(時に子供がシャッターを切ることも!(笑))ようになったことが本当に面白いな、と。

あと相手がTHETAのアプリを持っていれば、個別に共有することができるようになっていて、我が家では私が子供を連れて出かけている時、写メ代わりに全天球写真を家人に送ったりもしています。
これが意外にいいんですよね。



さて、私自身はこの新型THETAを買うかどうか非常に悩んでいます…。

というのも初代を持っていることと、夏前くらいに360度動画を撮影できる360camというのを衝動買いしてしまい、これがもうすぐ届くはずだからなのです。
360cam: The Worlds First Full HD 360° Camera

ただ、こちらは日本での販売価格が5~8万程度と、気軽に買う感じのものではなくなってしまっています。



そんなわけで、360度全天球写真&動画が気になっていて、初代のRICOH THETAを持っていなくてこれから買おうと思っている方には間違いなくこの新型をオススメします。(相当安い中古でなければ長い目で見ても新型を

特に最近はスマホの写真が下手なコンデジよりよっぽどきれいなので、コンデジの予算をTHETAに充てるなんていうのも十分ありな気がします。
さあ、みんなで全天球写真&動画を楽しみませんか?

私自身、またここから一年どんな写真が撮れるのか、買った時以上にすごくワクワクしているのです。



追記
そして2015年9月に画素数が大幅にアップし、さらに綺麗な写真と動画の撮影が可能になった「RICOH THETA S」が発表になりました。(発売は2015年10月末)。初代発売時の価格そのままに、中身はほぼ別物と言っていいほどの進化を遂げました。

これまでどうしようかなと思っていた方も、これは買いのタイミングだと思いますよ!