SPONSORED LINK
ラクガキノートはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

巷で噂の「人狼」の楽しさを少人数かつ短時間で味わえる「ワンナイト人狼」が楽しい!


人狼というゲームにハマったのは2011年末のこと…その勢いでブログを書いて、カードを買って、会社に人狼部を作り、20人くらいで人狼パーティーを開催したりしました(笑)
人狼にメロメロ | 切り抜きジャック

今やテレビ番組の題材として取り上げられたりして、どんどんメジャーになっている人狼ですが、ちょっと問題があってゲームをするための再少人数が多めだったり、時間がそれなりにかかったり、ちょっと複雑なルールを覚える必要があったりするのです。

その問題を解決するかのごとく、少人数・短時間で人狼の楽しさが味わえるゲーム、それが今回ご紹介する「ワンナイト人狼」です。

公式サイトはこちら
ワンナイト人狼:少人数から短時間で遊べるカンタン狼ゲーム

SPONSORED LINK

カードはこちらの8枚を使用し、3人から最大7人でプレイできます。
カード枚数より人数が少ないことで、物言わぬ役職が増えること、怪盗と呼ばれるトリックスターがいることで本物の人狼さながらのドキドキ感が味わえます。

ゲーム的には「ワンナイト」の名が示す通り、通常の人狼でいうところの夜と昼を1ターンだけ行い決着がつきます。
人狼のおもしろいところは「誰か」が勝者になるのではなく、「どちら陣営」が勝利するかなので、協力したり疑ったりがたくさん起こるのことだったりします。

こちらがルールブックです。

こちらの内容は【ワンナイト人狼】 ルールブック – ニコニ・コモンズで配布されています。

極論をするとワンナイト人狼はもちろん、人狼というゲームに専用カードは必要ないんですよね。
例えばトランプでもできてしまう。

でもこのカードがないと雰囲気が出ないというか。
やっぱりカードが欲しくなってしまうわけです。

こちらは6人でワンナイト人狼をプレイしているところの写真です。

やってみての感想は、中央に2枚のカードがあることで「もしかすると全員が人間で真ん中の二枚が人狼かもしれない」とか「中央に占い師がいることで狼の嘘を否定する人が出てこない」などの駆け引きが生まれました。
盛り上がる回、それほどでもない回がありますが、短時間で何度も回すことが楽しみにつながる、そんな印象でした。

やはり嘘をつくのがうまい人間がいた方が盛り上がりますね…!!



ワンナイト人狼は現在高円寺のすごろくや、武蔵溝ノ口のイエローサブマリンなどで買えるようです。
ゲーム紹介:ワンナイト人狼 / One Night Werewolf 高円寺0分すごろくや

通常の人狼であればこちらのセットをAmazon等で買うことができます。